資格継続関連情報

▼ セラピスト認定資格継続申請について

▼ 資格継続のための単位取得方法について

▼ 資格継続手続き期間について

▼ 資格継続のための研修会開催申請方法について

セラピスト認定資格継続申請について

認定証の有効期限が2018年3月31日のセラピストの方の継続申請の受付は、
2017年9月1日から2018年1月31日までとなります。
申請方法などの詳細については、8月下旬頃にご案内予定です。
なお、セラピストの取得単位数、有効期限などは会員専用ページにてご確認下さい。

資格継続のための単位取得方法について

資格継続の申請には、5年間に12単位の取得が必要です。
資格継続ができるのは、以下の2つの条件を必ず満たす方である事にご注意ください。
1つでも満たされない条件がある場合には、資格継続を申請できません。
  1. 本学会が発行したセラピスト研修認定証を取得していること。
    (研修会終了後に発行した受講証明書だけでは、セラピスト研修認定を受けたことにはなりません。)
  2. セラピスト研修認定証取得時と同じ医療機関に勤務していること。
    (医療機関を変った時点で受講証明書及びセラピスト研修認定証は無効となります。)
また、当局が診療報酬上のセラピストとして認めていない「はり師、きゅう師」の方は資格継続をしても診療報酬上の算定要員とはならない事をご理解ください。
 
1.資格継続研修会受講
(単位) 1時間を1単位 (1日4単位を限度とする)
  セラピスト資格継続単位取得のための研修会開催情報
 
(取得方法) 各都道府県で開催される研修会を受講する。
研修会の詳細は、各都道府県のJCOAにお問合せ下さい。
 
2.症例報告 (平成28年度より2単位を必須とする)
 

平成28年度の資格継続申請(有効期限が2017年3月31日のセラピスト)から、症例報告2例(2単位)の提出が必須化されることになりました(申請には4単位を限度とする)。
すでに12単位を取得されている場合も、症例報告が含まれていない場合は、症例報告を含めての継続申請が必要となりますのでご留意ください。

症例報告は、基本的にオンラインでご提出をお願い致します。 【取得方法1】

従来のフォーマットを用いた郵送による症例報告書の提出 【取得方法2】 も受付致します。

オンライン症例報告システムは、「運動器リハビリテーション実施計画書(1)」を基本にしておりますので、オンラインで提出される方は、初診時よりこの計画書を利用されると便利です。なお、この実施計画書をそのまま事務局へご提出いただいても症例報告の単位にはなりませんのでご注意下さい。

 
(単位) 1症例報告につき1単位 (申請には4単位を限度とする)
※平成28年度の継続申請から2単位提出必須
 
(取得方法) 【取得方法1】
  セラピスト専用ページからオンラインにて提出。
(セラピスト専用ページ → 会員専用ページ → 提出)
セラピスト専用ページへのログインIDとパスワードは所属医療機関の
指導医にお尋ね下さい。(指導医の会員専用ページにて確認できます)
  報告書提出期限 : 毎年7月1日〜9月30日まで
順次、委員会による審査を行う。
 
【取得方法2】
  PDF「症例報告書フォーム」をダウンロードして必要事項を記載する。
症例報告書には、必ず常勤指導医師 (日整会の専門医かつ
日本運動器科学会の会員)の署名捺印が必要。
症例報告書フォームが改訂されました。平成27年度提出分より、
新しいフォームをご使用ください。
 
  上記の症例報告書をセラピスト研修会事務局宛に送付する。
報告書受付期間: 毎年7月1日〜9月30日まで
10月以降に委員会による審査を行い11〜12月頃後に結果を郵送。
 
(送付先) 〒143-0006
東京都大田区平和島5−1−1 ヤマトインターナショナルビル
株式会社レイ MICE事業部
「セラピスト症例報告受付 係」
 
3.日本運動器科学会学術集会への参加
(単位) 1回の学術集会参加につき2単位 (申請には4単位を限度とする)
 
(取得方法) 学会当日に会場受付にて申込みをする。
事前登録は必要ありません。
ただし、受付の際にセラピスト研修認定証番号が必要となりますので、必ずご持参下さい。
 
4.実技研修1単位の取得を必須とする
(単位) 1単位 (必須) (申請には1単位を限度とする)
 
(取得方法)

※資格継続申請書類に指導医の先生のご署名をいただき実技研修の証明とします。 (オンライン申請の場合は、実技研修の項目にチェックを入れていただきますので、書類は必要ありません)
※DVDを学会誌 Vol.19 No.3に同封して全会員へ配布しましたので、セラピストと共にご視聴いただき、ご指導下さい。
なお、DVD配布後にご入会いただきました会員の先生方へは、入会後にお送りさせていただきます。

 

資格継続手続き期間について

認定証発効日 有効期間 継続手続き
2013(平成25)年4月1日〜
2014(平成26)年3月31日 
2018年3月31日
(平成30年3月31日)
2017年9月〜2018年1月末日
(平成29年9月〜平成30年1月末日)
2014(平成26)年4月1日〜
2015(平成27)年3月31日 
2019年3月31日
(平成31年3月31日)
2018年9月〜2019年1月末日
(平成30年9月〜平成31年1月末日)
2015(平成27)年4月1日〜
2016(平成28)年3月31日 
2020年3月31日
(平成32年3月31日)
2019年9月〜2020年1月末日
(平成31年9月〜平成32年1月末日)
2016(平成28)年4月1日〜
2017(平成29)年3月31日 
2021年3月31日
(平成33年3月31日)
2020年9月〜2021年1月末日
(平成32年9月〜平成33年1月末日)
2017(平成29)年4月1日〜
2018(平成30)年3月31日 
2022年3月31日
(平成34年3月31日)
2021年9月〜2022年1月末日
(平成33年9月〜平成34年1月末日)

※資格継続の申請は、オンラインまたは郵送にて受付けます。
※申請フォームなど詳細については、毎年8月ごろにホームページに掲載予定です。

 

 

資格継続のための研修会開催申請方法について

資格継続のための単位を取得できる研修会開催申請方法についての詳細はこちら